コンシダーマルが根本的なニキビケアに”最適”な理由とは?

コンシダーマルが根本的なニキビケアに”最適”な理由

ニキビは皮脂分泌が盛んな思春期だけでなく、大人になっても起こるもの。

では、ニキビはどのようにできるのでしょうか。

 

答えを先にいうと、大人ニキビ最大の原因は、肌のバリア機能が低下してしまうことです。

そして、バリア機能を破綻に追い込む理由は、乾燥によって角質層の水分が失われること。

 

いわゆる、乾燥を防ぐことがニキビ予防における最大の対策ということになるということ。

 

また、男性ホルモンにも肌を乾燥させる作用があるため、男性ホルモン分泌につながる心理的ストレス、物理的ストレスを避け、女性ホルモン優位の状態を保つことが重要といえます。

 

ここではニキビの原因からコンシダーマルがニキビケアに最適であるという理由をご紹介していきます。


大人ニキビができる原因は肌のバリア機能の低下

“ニキビは皮脂が多いから発生する”と考えられているようですが、皮脂はニキビを悪化させる原因であって、根本原因ではありません。その証拠に乾燥肌の人でも大人ニキビは出来るのです。

 

根本原因は、角栓によって毛穴が詰まってしまうことです出口を塞がれた毛穴に皮脂が溜まることで悪化していくわけです防がれた毛穴の中では皮脂が詰まり、アクネ菌が過剰に繁殖してニキビになるのです。乾燥している部分にでもニキビができるのはこのためです。

 


 ニキビが出来るまでの順序 

  1. 生活習慣の乱れ(睡眠不足、食生活、運動不足等)、ストレス、乾燥肌、ホルモンバランスの変化、紫外線

  2.  

  3. 毛穴詰まり、皮脂量の増加、アクネ菌の増加

 

このように順序立てて、仕組みを理解すると改善方法もおのずと見えてくると思います。

 

 

この毛穴詰まりはなぜ起こる!?

ニキビが発生してしまう根本的な原因ですが、それは『毛穴の詰まり』です。生活習慣の乱れ(睡眠不足、食生活、運動不足等)、ストレス、乾燥肌、ホルモンバランスの変化、紫外線により、肌の状態は以下の様なことのなります。

 

  • ターンオーバーの乱れ

  •  

  • 過剰な皮脂分泌

 

一度未成熟な細胞が硬い角質になり、皮脂詰まりが発生すると、悪循環でその硬い状態が繰り返されターンオーバーの乱れが続くと、肌表面に古い角質が溜まりやすくなるので、これらが毛穴詰まりを引き起こしてしまいます。また過剰な皮脂分泌も毛穴詰まりの原因です。

 

さらに、ターンオーバーが乱れると、保湿成分の生成もスムーズにいかなくなるため、乾燥や肌のバリア機能の低下を引き起こします。

 

バリア機能が低下することで、紫外線や化学物質、摩擦などさまざまな要因によってダメージを受けやすい肌に。

毛穴詰まりの少ない、健康な肌状態を保つためには、まずターンオーバーを正常に戻すケア=乾燥を防ぐ保湿が欠かせないということです。

 

大人ニキビケアに最適なコンシダーマルの秘密とは?

ニキビが出来る理由をまとめると“脂腺性毛包と呼ばれる毛穴が角栓によって詰まり、内部に皮脂が溜まってしまう”ということになります。

 

なので、ニキビができる肌の根本的な解消は、表皮細胞がよく育ち、よく育った細胞が角化して角質として完成する新陳代謝(ターンオーバー=細胞の入れ替わり)が、正常化して繰り返されるようになることです。表皮細胞に育つ時間を与えてあげることです。

 

  • 適切なスキンケアにより、ターンオーバーを正常化させ肌表面に古い角質を溜めないこと
  •  

  • 過剰な皮脂分泌を抑えること

 

これらを踏まえてニキビを根治する対策としては、水分と油分の層が肌表面に潤いの層を貼ってバリア機能をサポートするラメラ構造を作りあげるコンシダーマルが最適である理由です。

 

 

コンシダーマルのラメラ構造がバリア機能を底上げ

美しく健康な皮膚は、このラメラ構造が美しく整っているとされています。

このような水・油・水・油・・・と続く層があると、水性の成分も油性の成分も簡単に肌の中に入っていくことはできません。

 

水は油に阻まれ、油は水に阻まれるからです。よってラメラ構造とはつまり『肌のバリア機能』そのものを指しており、ラメラ構造が強靭に保持されている肌は強力なバリア機能を持っていると考えることが出来ます。

 

コンシダーマルのラメラテクノロジー

 

 

強靱な性質を持つラメラ構造の弱点

私達人間の肌を外的刺激から守ってくれている強いはずのラメラ構造ですが、案外簡単に壊れてしまう弱さを持っています。つまり弱点があるのです。

 

この弱点を知り、カバーしてあげるのが私達肌の持ち主の役割であり、美肌を作り、維持する秘訣といえます。

 

ラメラ構造の弱点その1:肌がふやけてしまう

長風呂すると、足裏や手のひらが白っぽくふやけた経験があると思います。これは足裏や手のひらが皮脂が出ず、角質層の超厚いためです。

しかし顔や身体の肌には皮脂が分泌され、皮脂膜というもう一つのバリアーで守られているので、そう簡単にふやけないしたたかさを備えています。

 

ところが長風呂どころではない、1時間も2時間も汗が滲んだ肌で過ごしているとどうなるでしょう。夏場や運動しているときなど、数時間その様な状態が続くことだってあります。

 

こうなると皮脂膜は解けて流され、簡単に水分が侵入してラメラ構造を崩し始めます。

これは意外な弱点ですが、こうなると角質層は崩れやすくなり、角質は剥がれやすくなって、ターンオーバーが速まります。育ちの悪い角質が急ぎ送り出されるようになります。

 

ラメラ構造の弱点その2:熱に弱い

お湯も40℃付近から皮脂や脂質を溶かす能力が高くなります。

お風呂も40℃といえば、ちょうど良い湯加減といったところですが、長風呂すると、まず皮脂膜が溶けて流され、次に細胞間脂質が溶け始めます。

 

だから、10分も浸かればもう充分、と湯船から出るのをルールにしましょう。皮脂膜は皮脂分泌により再生されますが、細胞間脂質のラメラ構造は再生されません。

 

15分、20分は浸からないと気が済まない人は、もう少しぬるめのお湯に入ることです。半身浴を真似て38度くらいにすると、安全です。

 

ラメラ構造の弱点その3:物理的な刺激で崩れやすい

物理的な刺激というと思い浮かぶのが、クレンジングや洗顔などでしょう。これらも刺激となりラメラ構造を崩す一因となることを覚えておきましょう。

 

力の加減とタイミングによっては、細胞間脂質のラメラ構造を崩すのに十分な作用となっています。

まとめ:コンシダーマルの保湿力がニキビ予防に欠かせない

肌バリアの機能低下が数々のトラブルを生むことは理解していただけたと思います。

 

ニキビケアは如何にしてバリア機能を維持するかが最重要ということになります。

要するに、乾燥するとバリア機能が落ちるのですから、徹底的に保湿ケアをすれば、バリア強化が見込めるのです。

 

季節を問わず、常に保湿対策を行うことがニキビ対策と考えて間違いありません。

バリア機能が整えば、自分の肌の力だけでも十分乾燥を防ぐことができるようにもなりますので、そのためにもラメラ構造を正常にしてくれる保湿の決め手をコンシダーマルでしっかりと作っていきましょう。