コンシダーマルで実現可能!理想の赤ちゃん肌を作る3つの秘訣

コンシダーマルのラメラテクノロジーが理想の赤ちゃん肌への第一歩

あなたにとってどんな肌が理想の肌でしょうか?

この質問をすれば、多くの女性がこう答えるのではないでしょうか!?

 

「赤ちゃんのようなしっとりとモチモチしたお肌」と。

 

では、なぜ赤ちゃんの肌はプルプル?「ふっくら」「もちもち」「みずみずしい」と思われて、どんな特徴があるのでしょうか?

 

赤ちゃんの肌は理想の肌と言われますが、実はとてもデリケートだってご存知ですか?

 

「赤ちゃん肌=理想的な肌」というイメージになりがちですが、乳幼児の肌は、水分量や皮脂量が大人に比べて少なく、さらに季節間変動が激しいほど敏感なのです。

 

理想の赤ちゃん肌の真実

 

つまり、環境に対しての適応力はまだまだ成長途中であり、バリア機能に気を配っていくことがとても重要なのですが、それでもお肌のラメラ構造がしっかりと整っているからあれだけのモチモチ・しっとりとしたお肌となっているのです。

 

ここでは、そのラメラ構造を実現した美容液として話題のコンシダーマルと理想の赤ちゃん肌を創るための3つの秘訣をご紹介していきます。


理想の赤ちゃん肌への基本はターンオーバーの正常化

転んで擦り傷ができても、肌は自然と回復していくように、肌にはもともと、あなたの肌を「健康的な状態」に回復させようとする働きがあります。

その回復していく力の事を、新陳代謝=肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。

 

皮膚が古くなると、垢として自然とはがれ、それを合図にして、肌の奥底では新しい皮膚がうまれる仕組みです。そして、肌の表面まで押し上げられると、丈夫な肌のバリアとなり、肌の潤いを守ったり、さまざまな刺激の侵入を防いでくれます。

 

ターンオーバーはニキビやシミなどの肌トラブルを改善することができ、「肌バリア」は外的刺激から肌の潤いを守り、美しい肌を維持する働きがあります。

つまり、肌にはもともと「美肌になるための構造」があるのです。

 

 

ターンオーバーを狂わす3つの悪習慣

ターンオーバーは遅すぎても早すぎても肌トラブルの原因となります。

正常に保つためにも睡眠時間や規則正しい生活、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めないなど、基本的な日常生活習慣をもう一度見直す必要があります。

 

洗いすぎ

洗顔をすると肌が突っ張る。そんな人はとても多いのではないでしょうか。

洗浄力の強い「クレンジング」や「洗顔」などのダブル洗顔で顔を洗いすぎていると、メイクや皮脂汚れを落とすだけでなく、肌の潤いを守る「肌バリア」までもごっそりと奪ってしまうことになります。

 

すると、しだいに皮膚はもろくなっていき、乾燥をして、ハリがなくなってしまったり、皮脂をとりすぎた事によって、反対に皮脂をたくさん出そうとして、ニキビや毛穴の広がりのような、肌トラブルを引き起こすようになります。

 

擦りすぎ

さらに、スキンケアの時に肌をこすってしまう事で、刺激によってシミやくすみができやすくなり、透明感がなくなっていきます。シワやたるみなどの気になる部分を集中してゴシゴシ美容液やクリームなどをつけていると、よけいに悩みが深くなります。

 

それなのに、現代の女性はスキンケアのしすぎで、洗うときにゴシゴシとこすり、スキンケアの時もコットンでゴシゴシ、さらにクリームをすり込んでなじませながら、肌に刺激を与え続けているのです。

 

つけすぎ

肌の役割は、皮脂や汗、垢を出すための排泄器官です。

外側から入れこんだ潤いは、一時的なだけでなく、肌が元々持っていた潤いまでも、蒸発させてしまう働きがあります。

 

「それではクリームや美容液ならいいのではないか?」と思われるかもしれませんが、クリームや美容液に含まれている「油」は、肌の上で日光に当たると酸化してしまい、肌を老化させる恐れがあります。

肌トラブルがあるときこそ、やりすぎないオールインワンなどの最小限のスキンケアに留めておくことが理想の赤ちゃん肌創りには欠かせません。

理想の赤ちゃん肌を創るコンシダーマルと3つの秘訣

最小限のスキンケアにとどめて、ラメラ構造を整えていくとお肌のターンオーバーも正常化しバリア機能も回復。日に日に肌が美しくなるのを実感できるようになります。

ここではさらに美しい肌になるための3つの秘訣をご紹介します。

 

この秘訣を実践する事で、今までにない、極上のすっぴん素肌が手に入りますよ。

 

 

洗いすぎをやめる

肌トラブルの大本である「洗いすぎ」をやめることで、「ターンオーバー」や「肌バリア」の働きが回復し、美しい肌を手に入れる事ができます。

 

朝の洗顔は、とくに汚れているわけではないので、水で軽く汚れを落とすだけで十分。適度に皮脂が残り、化粧乗りも抜群です。

また肌に大きなダメ—ジを与える「クレンジング」を使っていれば、肌の修復が追いつない可能性も。メイクはサッと落ちるものにかえて、クレンジングを使わないように意識していきましょう。

 

朝の洗顔のポイント

  1. 手のひらに水をためて顔に直接つける
  2. 顔を左右に動かして、水圧で汚れだけを落とす
  3. 1.2を5回繰り返す

 

夜の洗顔のポイント

  1. シャワーのお湯を弱く設定する
  2. 水温を、皮脂が溶けやすい35度に設定する
  3. 顔にシャワーを1分ほどかけて汚れを落とす

 

 

カラダに良いことをする

肌は植物にとてもよく似ています。枯れた枝葉に直接「栄養」を与えていても、なかなかよみがえる事はありませんよね。

枯れた枝葉は自然と落ちていくことで、また新しくて丈夫な枝葉が生えてくるようになります。そして、栄養を与えるのは、枝葉ではなく、根っこの部分。

 

私たちも同じで、荒れた肌は栄養を与えなくても、自然と生まれ変わる力を持っています。そして、栄養は肌ではなく、食事や生活などを通して、体の内側からが何よりも大切です。

 

 

つけすぎない最小限のスキンケア

塗り重ねたファンデーションやコンシーラー、過剰なスキンケアは、新陳代謝の働きを低下させてしまう原因に。どうしても肌トラブルがお肌にはあれこれとしてしまいますが、この際最小限のスキンケアに留めることを選択しましょう。

 

肌の回復力が早まり、トラブルの起きにくい、丈夫な肌になっていきます。

 

また、最低限気を付けたいのはやはり紫外線対策です。

ところが、日頃から紫外線を避けた生活をしていると、よけいにシミができやすい肌になってしまうことがあります。

 

シミは、有害な紫外線からあなたの肌を守るための、茶色い日傘のようなもの。けれど、常日頃から日光にあたらずに真っ白の肌をしていると、有害な紫外線の侵入を許しやすい肌になってしまい、少しの紫外線でもシミができやすくなってしまうのです。

 

シミのできにくい肌になるには、「弱い紫外線」にあたって、紫外線への免疫をつけておく事が大切。とはいっても、赤く炎症してしまうほど紫外線を浴びるのはやりすぎです。真夏には「帽子」や「日傘」、「サングラス」などで紫外線対策をして、紫外線が弱くなる季節には、少しだけ屋外で紫外線を浴びて、免疫をつけておく事が、シミやくすみを作らない為の秘訣です。

まとめ:コンシダーマルのラメラテクノロジーが理想の赤ちゃん肌への第一歩

理想の赤ちゃん肌=ラメラ構造の肌であることは最初に記述しましたが、本来の肌は水分層と脂質層が交互にあり、しかもそれが幾重にも重なる形で角質と角質の間を埋めることで、緻密な柔らかさを持ち、かつ何者をも通さぬ鉄壁のバリアーとして働いています。

 

比熱の高い水分層が加わることで、熱さ(暑さ)・冷たさ(寒さ)に対しても優れた緩衝材となり、肌に強い刺激が伝わらないようにしており、肌の過敏な反応を抑制しています。皮脂や汗の分泌も安定する仕組みです。

 

一つ一つは特別ではない物質の集まりに、肌の持つしなやかな強さと、美しさの秘密が隠れていたというわけです。

 

素晴らしい機能を備え、私達の身体を守ってくれている強いはずのバリア層(角質層)ですが、案外簡単に壊れてしまう弱さを持っています。

この弱点を知り、カバーしてあげるのが私達肌の持ち主の役割であり、美肌を作り、維持する秘訣といえます。

 

コンシダーマルはそんな理想の赤ちゃん肌を創るための最新のテクノロジーが詰まったオールインワン美容液です。ぜひ、3つの秘訣とともに理想のお肌創りを始めてみましょう。