これだけでも満足!コンシダーマル配合のプラセンタが凄い!

コンシダーマル配合のプラセンタが凄い

2017年にリニューアルされたコンシダーマルですが、新たに配合された美容成分が凄いのです。

 

それが2種類のプラセンタ

 

  • マリンプラセンタ
  • 発酵プラセンタ

 

プラセンタといえば豚の胎盤から抽出された成分。ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの有効成分を含み、若々しい透明感のある肌へと導いてくれて、今やアンチエイジングに欠かせないものとなっています。

 

しかし、コンシダーマルに配合されているプラセンタはそういった従来のものと少し違います。

ここではその2種類のプラセンタの何が凄いのかを詳しくご紹介していきます。


コンシダーマルに新配合の2種類のプラセンタ

マリンプラセンタとは?

植物性プラセンタと同様に胎盤から作られるプラセンタではありませんが、魚由来のプラセンタというよりは“海洋性プラセンタ様物質”と呼ぶのがいちばん正しいようです。

 

プラセンタエキスは哺乳類の胎盤からしか抽出ができないものであり、魚類からプラセンタを抽出することはできません。

 

魚由来のプラセンタは“マリンプラセンタ®”とも呼ばれ、鮭の卵巣膜(筋子の薄皮)を原料として作られます。

鮭は卵を産むことで繁殖するため胎盤は存在しないのですが、胎盤の代わりに卵巣膜が卵を守って育てる働きをし、その卵巣膜には多くの栄養成分が含まれているといわれています。

 

マリンプラセンタの美肌効果

美容成分として非常に注目を集めているマリンプラセンタは、動物性プラセンタにくらべて吸収が良く、体に必用な成分を多く含んでいる素材です。

 

美容と健康、とりわけ美肌やアンチエイジングケアに敏感な女性に多く愛用されている成分です。


 マリンプラセンタの美肌効果 

  • 肌本来の環境を整える
  • キメを整える
  • 水分を補給・維持する
  • ワントーン明るい肌へ
  • 日焼け後の肌を整える

 

発酵プラセンタとは?

発酵プラセンタとはその名の通り、プラセンタを発酵させたものですが従来のプラセンタに比べ有用成分の量が大幅に増加され、より吸収力も高まることがわかっています。

 

その秘密はなんといっても古来、日本に伝わる発酵技術であり、発酵の力を借りれば従来のプラセンタよりも優れたプラセンタができるに違いないという確信のもとで研究が進められてきたものです。

 

従来のプラセンタと徹底比較!発酵プラセンタの効果

エイジングケア成文がアップ

  • ビタミン類→約3.6倍
  • ミネラル類→約4.5倍

 

美肌成文がアップ

  • シアル酸→約23%アップ

 

うるおいキープ力がアップ

  • アミノ酸→約2.5倍

まとめ

プラセンタには体を作る三大栄養素に加えて、不足しがちなビタミンやミネラル、ヒアルロン酸などの美容成分が豊富に含まれているので、年齢による肌の衰えにも非常に効果的であることが証明されています。

 

また、海洋性プラセンタには、動物性プラセンタと同じように多くのアミノ酸が含まれます。特に、ホルモンバランスを整えてくれるグリシンが豊富です。また9種類ある必須アミノ酸の全てが含まれているのも特徴です。これは、動物性プラセンタだけでは得ることのできない成分です。

 

アミノ酸は美しいお肌を保つためには欠かせない成分ですので、美容効果は大きなものが期待できます。なかでも動物性プラセンタには含まれないエラスチンも摂ることができる、というのは嬉しい点です。

 

ただし海洋性プラセンタが動物性プラセンタと全く同じ働きをしてくれるかと言えば、これはNOです。海洋性プラセンタには、動物性プラセンタの重要な成分である成長因子が含まれないからです。

 

その成長因子を補うEGFもしっかりとサポートされているのでコンシダーマルは多角的にアンチエイジングにも効果が期待できるといえます。