シミ予防にも期待大!コンシダーマルの美白効果の秘密とは?

美白効果に期待できるコンシダマール

加齢とともに気になる大きな肌の悩みの一つがシミでしょう。

 

紫外線対策はしているけど、美白化粧品まで気を使う余裕はないし、もう諦めるしかないのかな...と思っているならちょっと待ってください。

 

たしかに、シミは予防していても完璧に防げるものではありませんし、ストレスやホルモンバランスの影響も大きいものです。
スキンケアに時間をかけるのも時間と金銭的にも余裕がないと難しいのが現状でしょう。

 

しかし、手軽なオールインワンスキンケアでシミもしっかりと予防してくれるのがコンシダーマルが話題になる理由の一つです。
ここではコンシダーマルがなぜシミ予防、美白を謳っていないのに効果があるのかを詳しく解説していきます。


そもそもシミはどうして出来る?

シミの原因として、メラニンという言葉を耳にすると思いますが、そもそもメラニンは肌細胞のDNAを紫外線から守るためにできるもの。

黒い色素で紫外線を吸収してダメージからブロックするのです。

 

つまり、メラニン=悪者というイメージは勘違い。

 

通常メラニンの生成は寝ている間にリセットされるのですが、何らかのエラーによってリセットされずに作り続けられたり、ターンオーバーで排出されなかったりして、1箇所だけに集中して留まるとシミになるというわけです。

 

 

くすみの正体はメラニンの拡散

メラニンが特定の1箇所にだけ蓄積せず、肌全体に散らばって沈着すると、シミではなく”くすみ”が発生してしまいます。

 

ターンオーバーの乱れで古い角質が残っていたり、血流の低下などもくすみの原因になりますが、まず8割は紫外線によるメラニンと考えておきましょう。

 

コンシダーマルがシミ予防に最適な3つの理由

ターンオーバーが遅くなるとメラニンの排出も遅くなることが原因でシミになることを考えると、20歳を過ぎた頃から自分の肌質をみてお手入れを始めるのが◎

 

コンシダーマルがそうしたシミのプロセスから守る最適な理由は以下の3ステップです。

 

 

ラメラ構造の修復

シミの基本原因はターンオーバーの乱れによるバリア機能の低下です。その根本原因が肌内部のラメラ構造の乱れによるものです。

また、ラメラ構造の乱れは紫外線や外部刺激、加齢が原因です。

 

コンシダーマルはそんなラメラ構造に着目し、世界特許であるラメラテクノロジをー使った最新の美容液なのです。これまでも肌のラメラ構造に着目した美容液は数多くでていますが、そのほとんどが以下のような中途半端なものでした。

 

  • ラメラ構造を整えてくれる美容成分の配合
  • 美容液の油分だけをラメラ構造にしたもの

 

これでは油分と水分の層である肌のラメラ構造を持続することができないのです。

 

コンシダーマルは特許取得の独自技術で美容液の油分層、水分層自体をまるごと肌のラメラ構造にしています。

 

 

浸透力がアップ

ラメラテクノロジーで構成された成分は水溶成分も油溶成分も全て均一に浸透させます。その浸透力は普通の美容液などの乳化製剤の2倍以上と研究結果で報告されています。

 

その浸透評価は国内だけでなく、アメリカやヨーロッパなどの世界でも認められています。

 

 

持続力の高い保湿効果

ラメラ構造の整った肌は角質層の深部にまで美容成分がぐんぐん浸透するので、しっかりろと肌内部にまでアプローチされ潤いが持続することにより、ターンオーバーの乱れにより低下していたバリア機能も修復されるということです。

 

 

まとめ:ラメラ構造があらゆる肌トラブルの元を断ち切る

乾燥した皮膚では、角質がスムーズに剥がれずにどんどん厚く硬くなっていき、ターンオーバーは遅れがちです。

こうして肌の透明感がなくなり、シミができやすくなるだけでなるだけでなく、硬い肌には美容成分を塗っても肌内部まで浸透しにくくなってしまいます。

 

ということは、美容成分の効果をしっかり得るためには、充分に肌を潤おしておく必要があるのです。

 

美容エステの美白コースでもを、施術の前に肌のコンディションを整えていくのが基本です。これは、美容成分をよりしっかりと浸透させるために欠かせない準備なのですね。

 

充分に保湿をして肌を潤すために欠かせないラメラ構造の修復が、ターンオーバーを正常化させてバリア機能を高める。

 

そして余計なメラニンを溜め込ませないことにより、シミを予防します。

 

また、独自のラメラテクノロジーを持ち優れた浸透力があるのでブースター(導入型美容液)としても使えるのでワンポイントで美白効果の高いハイドロキノンでシミの改善効果を高めることもできるでしょう。